聖光学院中学校高等学校

ドルチェコーラス

第59回神奈川県合唱祭に参加しました

聖光学院ドルチェコーラスは、佐藤眞作曲女声合唱のための組曲「旅」から「旅立つ日」(田中清光作詩)・「旅のよろこび」(山之井愼作詩)・「なぎさ歩めば」(山之井愼作詩)を演奏しました。先生方や他団体より下記のような講評を頂戴いたしましたので、掲載させていただきます。

平井保 先生より

懐かしい「旅」を聞かせていただきました。40年以上前の合唱曲ですが、名曲はいつ聞いても新鮮な感じがします。演奏が美事なことがそう感じさせていることはいうまでもありません。発声、表現力、ともにすばらしいと思います。特に抒情的な表現は心に響きました。

川上勝功 先生より

全体的に女声合唱らしく柔らかい声で演奏されたので好感が持てました。息の流れで表現されていたので音楽的にも心地良く聞かせていただきました。日本語のDictionも良かったと思います。欲を言えば「エ(e)」の母音がもっと楽に響くと良いですね。それと、もう少しヴィブラートを少なくできるとハーモニーがもっと美しくなるでしょう!

加藤昌則 先生より

圧巻の迫力がさすがにでていますね。出だしからインパクトがありました。ある音量以上になると、かすれるというか抜けるというか音圧がもう少し欲しいかなという印象もありました。アルト、ふくよかでハーモニーをしっかり支えていますね。

旭混声合唱団 様より

(私たちは)混声で歌っておりますが、女声の大人数での合唱も良いものです。曲の情景が良く伝わってきました。

鶴見女声合唱団 様より

迫力があり、「旅のよろこび」とても素敵なハーモニーですね。「なぎさ歩めば」は、とても心地良く聴かせて頂きました。

グリーンベル女声合唱団 様より

お名前のとおりのやさしいお声! 特にpがステキですね。これからも、若さを謳歌して下さい。そして、これからも長く長く、コーラスの度をなさって下さいね。「なぎさ歩めば」感動しました。

混声合唱団風雅 様より

私事ながら、混声版を52年前に歌いました。懐かしい歌です。楽譜を持っていても、しっかり指揮を見ていました。多人数ですが、各パートの音色がよく揃ってきれいでした。「なぎさ歩めば」が出色でした。

第58回神奈川県合唱祭に参加しました

聖光学院ドルチェコーラスは、鈴木憲夫作曲・大沼徳子作詩 女声合唱曲集「新編・茜の空に」から「短歌による 茜の空に」を演奏しました。先生方や他団体より下記のような講評を頂戴いたしましたので、掲載させていただきます。

大熊崇子先生

よくトレーニングされた、美しくまとまりのあるハーモニー、見事でした。ピッチもしっかりしてますね。気持ちも込め、いい表情で歌っていらっしゃるので、さらに言葉の抑揚やニュアンスを大切にして演奏されてみてはいかがでしょう。これからも楽しんで取り組んでいって下さい。

阿部純先生

渕上さんのpianoとても印象的(前奏)でした。その美しいpianoに乗って丁寧な演奏、良いと思います。下の声部に比べてSopの発語が、子音が弱い所為に、歌詞が客席に届きにくくなってしまって残念です。Very good !!

しゅうさえこ先生

コーラス全体にドラマのある、とてもステキなハーモニーでした。人数以上に何倍にもふくらんだ重厚な響きに感動しました。素晴らしい音と心のハーモニーを、大いに楽しんで下さいね。素敵なコーラスを、ありがとうございました。

クール・コメール

正統派のコーラスグループ、歌声も若く美しい、聞きほれました。短歌による茜の空の情景が浮かびました。

女声合唱団みみずく会

若々しくも品の良い声の色合いが独特で素晴らしかった! 2世代が一緒に歌えるって、イイですね。ffの迫力は勿論、ppも美しかったのが印象的でした。最後まで集中力の途切れない演奏は、指揮者、ピアニスト、団員が三つ巴になって各々が力を発揮しあえたからですね。曲の魅力をじっくりきかせる、すばらしい演奏でした。

第54回「音楽堂・おかあさんコーラス」に参加しました

第54回「音楽堂・おかあさんコーラス」が、2014年10月8日に県立音楽堂にて開催され、聖光学院ドルチェコーラスも出演し、鈴木憲夫作曲・金子みすゞ作詩「みすゞこのみち」を演奏しました。先生方より下記のような講評を頂戴いたしましたので、掲載させていただきます。

辻秀幸先生

若々しい大型おかあさんコーラス素晴らしいです。言葉は良く聞こえて来ますが、声がもう少し深い方が良いかな? リズム・テンポが走り過ぎる(特に低音部)のは当然"若さ"の証しですよね!! 2曲の歌い出しはカラオケのムードが音楽堂を包み込みました。みすゞの生涯がオペラに成り、今年上演されました。聖光学院の鑑賞教室に招かれてはいかがですか? 素敵な演奏、指揮、ピアニストに拍手です。

阿部純先生

弱起の始めは弱拍を少し強めて歌い始めないと、語頭が聞きとりにくくなってしまいます。要注意。人数の多さにしては言葉の伝わりが良いので、特に始めが気になりました。色々な拍手が有っておもしろかったです。せっかく暗譜しているのですから、もっと指揮に合わせて、タテのそろったアンサンブルを聞かせて下さい。good!!

宮本益光先生

躍動感たっぷりの Cond と Piano に導かれるように皆様の声も音楽も生き生きと届いてきました。手拍子が一歩先に......ほほえましかったです。二曲目は、しっとりと立体感ある表現で聴かせましたね。すばらしいと思いました。人数に頼りすぎず、良いアンサンブルを創られていることにも美しさを感じました。

伊集院俊光先生

朝一番、さわやかなひびきがホールいっぱいに! 透明感のある声が、たいへんすばらしいと思います。2曲目の表情ゆたかな音楽創りがすばらしいですね。ことばのもつ細やかな表情がしっかりと描かれています。アンサンブルを大切に!!

第57回神奈川県合唱祭に参加しました

第57回神奈川県合唱祭(第1日)が、2014年6月14日に県立音楽堂にて開催され、聖光学院ドルチェコーラスも出演いたしました。先生方より下記のような講評を頂戴いたしましたので、掲載させていただきます。

星野聡先生

とても豊かな響きに包まれて素敵でした。大人数の声をそろえるのは御苦労なさっているだろうと推察致しますが、乱れること無くよく息が合っていました。メロディーのソプラノに対してメゾ、アルトの音量がもう少し豊かだったら更に良いと感じました。

平井保先生

若々しい爽やかな歌声がホールを満たし、抒情的な表現がすばらしく、楽しませていただきました。
女声合唱はハーモニーをしっかり出す事が大変難しいのですが、美しい合唱になっていました。ただ時々、♭気味になる所もありますので、更に訓練を積み重ねて下さい。

大田桜子先生

・輝きのある美しいハーモニー、とても魅力的です。長く伸びる音の処理がもう少していねいに出来ると良いと思います。アルトの音がもう少し出てもバランス的に良いと思います。
・言葉がクリアーで美しく聞こえます。明るく統一されたひびき、dinamikのスケールも豊かで、心にひびくすばらしい演奏をきかせていただきました。

ドルチェコーラスについて

2003年 第46回 神奈川県合唱祭

ドルチェコーラスは1983年、聖光生の母親たちが立ち上げた女声コーラスです。

聖光生の母親でしたらどなたでも、いつからでも入会できます。現在部員数48名で、ソプラノ17名、メゾソプラノ17名、アルト14名の構成となっています。練習は週1回、水曜日の午前中に音楽室でおこなっています。学校行事に合わせて、休校日や試験期間中は練習がありませんので、年間30回前後となります。

指導は本校の音楽科教諭の小佐野輝雄先生が担当しています。大変熱心に、かつ楽しく練習して、いつのまにか皆で素敵なハーモニーをかもし出せるようになってきます。

ドルチェコーラスが誕生して20年、先輩の方々が築いてこられた和やかな雰囲気を大切にしながら、とにかく楽しく、明るく歌っていきたいとのモットーで活動しています。一緒に歌う仲間になりたい方の入部を歓迎します。

CD「思い出のドルチェVol.1」
CD「思い出のドルチェVol.2」

♪上の写真をクリックすると歌声が流れます

1年の活動

1月
新年度のドルチェコーラスが始まります。
毎年、新高校2年のお母様が代表幹事を引き継いで、6月の神奈川県合唱祭に向けて新しい曲の練習が始まります。
2月
卒業祝福ミサ
高校3年の生徒とともにミサにあずかります。
4月
2002年 聖光祭バザー
聖光祭バザーに出店
手作りのパン、ケーキ、お弁当、手芸品などを出品し、売上金の一部を、日ごろの援助に対する感謝の気持ちを込めて、学校に寄付します。
6月
神奈川県合唱祭
県立音楽堂で、日ごろの練習の成果を発表します。
7月
2003年 新入部員歓迎会
新入部員歓迎会(於イギリス館)
この機会に互いに歌を聴き合い、話し合って、より良いハーモニーをめざします。
10月
音楽堂・おかあさんのコーラス大会
県立音楽堂で行われます。
12月
2002年 聖光会クリスマス会
聖光会クリスマス会
1984年のクリスマス会より毎年欠かすことなく参加し、コーラスを披露しています。
納会
ドルチェコーラスのクリスマス会を開催します。

ドルチェコーラス20年の歩み

1983(S58)年
1984年 Sr.ポーリンと
ドルチェコーラス誕生(Sr.ポーリン)
(ソプラノ25名、メゾ23名、アルト15名、計63名)
1984(S59)年
12月15日 クリスマス会(Sr.ポーリン)
於:川崎産業文化会館(63名)
1985(S60)年
12月14日 クリスマス会(岩永先生)
於:ラ・ムネ・ホール(56名)
1986(S61)年
1986年 「第九」の合唱
12月22日 ベートーヴェン「第九」合唱
(岩永先生、荒木先生)
於:神奈川大学講堂(85名)
神奈川フィルハーモニー(黒岩英臣指揮)
教職員、生徒、応援の方々 総勢250余名
1987(S62)年
2月24日 聖母の園老人ホーム
12月19日 クリスマス会(岩永先生)(50名)
1988(S63)年
12月19日 クリスマス会
(荒木先生)(52名)
1989(H1)年
(荒木先生)
1990(H2)年
(荒木先生)
1991(H3)年
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(加藤先生)(35名)
  • 12月 クリスマス会(加藤先生)
1992(H4)年
  • 6月 神奈川県合唱祭(加藤先生)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(加藤先生)
  • 12月 静岡聖光クリスマス会(加藤先生)
1993(H5)年
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
1994(H6)年
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
1995(H7)年
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
1996(H8)年
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)(34名)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
1997(H9)年
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)(33名)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
  • 創立40周年ハレルヤコーラス(小佐野先生)
1998(H10)年
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)(38名)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
1999(H11)年
1999年 クリスマス会
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)(35名)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
2000(H12)年
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)(39名)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
2001(H13)年
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)(39名)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
2002(H14)年
2002年 音楽堂おかあさんコーラス
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)(47名)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
  • 12月 クリスマス会(小佐野先生)
2003(H15)年
2003年 OGのみなさん
  • 6月 神奈川県合唱祭(小佐野先生)(48名)
  • 10月 音楽堂おかあさんコーラス(小佐野先生)
2003年 現在の部員